InterSafe ILP

ilp

情報漏洩対策に必要な機能をオールインワンで!

InterSafe ILPは、「重要情報を保護」「外部デバイスへ不正に持出しさせない」「持出し後のファイルを安全に活用する」「送信データの情報漏洩を防止」がオールインワンで可能な情報漏洩防止対策製品群です。

ilptop

デバイス制御  InterSafe DeviceControl

InterSafe DeviceControlは、端末(PC)からのスマートフォンやタブレット、USBメモリなどの外部デバイスの利用管理に加えて、ネットワーク利用制限や、プリンタ利用制御、さらには外部メディアへの書込み制御など詳細なコントロールが行えます。PCから各種デバイス(USB等)へのデータ持ち出しを綿密に管理し禁止することで、個人情報漏洩を防止し、組織レベルでのPCセキュリティ対策を実現します。

 

ファイルの自動暗号化 InterSafe IRM

InterSafe IRMは、ファイルを自動で暗号化するソフトウェアです。ユーザがファイルを閲覧した時、保存時に自動的にファイルが暗号化され、特別な操作は必要ありません。暗号化したファイルは拡張子もそのままです。また、意図的に復号化(平文に戻す/暗号化を解除する)しない限りは常に暗号化が保たれるため、暗号化のかけ忘れによる情報漏洩などの心配はありません。もちろん、複合化はあらかじめ権限が与えられたユーザのみ可能なため、煩雑なパスワード管理も不要です。

 

Webで持ち出し申請・承認処理 InterSafe WorkFlow

InterSafe DeviceControlにより、外部デバイスへの書き込みが規制されている場合でも、書き出し申請・承認をウェブ上で行うことができます。申請・承認などの一連の流れをウェブで効率的に行うことができるようになるため、円滑な運用を促進することができます。

 

書き出し後のデータセキュリティ InterSafe SecureDevice

InterSafe SecureDeviceは、汎用USBメモリをセキュリティUSBメモリに変換するソフトウェアです。 USBメモリからセキュリティを強固することにより情報漏洩を防止いたします。 接続先PCが登録されたものかどうかをチェックしているため、セキュリティUSBメモリを登録されていないPCへ接続した際にはPCへのデータコピー、移動が制御され、 自宅持ち帰り後の情報漏洩等を防止いたします。 また、USBメモリのセキュリティ対策に伴い、パスワード認証によるロック機能とメモリ領域の暗号化により、盗難・紛失時にも対応可能。
ソフトウェアによるご提供ですので、汎用USBメモリをそのまま使用することができます。

 

セキュアPDFでスマホ、タブレットにも InterSafe SecurePDF

InterSafe SecurePDF(セキュアPDF)は、Word、Excel等のファイルから有効期限や印刷制限などを付与したセキュリティPDFを作成します。
InterSafe IRM利用時には、既存の暗号化ファイルを直接セキュアPDF化できます。

InterSafe ILPの製品詳細はこちらです