PrintInsight

printinsight
 

 

 

PrintInsightは、印刷物の中身を文字やレイアウトも含め、そのままイメージで保存することでユーザーの印刷行動を把握・監視し、印刷文書からの情報漏えいを効果的に抑止することのできる、Windows対応の“印刷イメージログ*監視システム”です。

従来の印刷ログに加え、印刷したイメージをPDF/XPSで記録・保存し、さらに印刷文書に含まれるテキスト情報まで取得します。収集した「印刷イメージログ」を分析することで、ユーザーの印刷傾向を把握し、情報流出を未然に防ぐことができます。また万一、情報漏えいが発生した場合は、流出元をすばやく特定することができます。

 

printinsight
 

 

PrintInsightクライアント

PrintInsightは、印刷物の中身を文字やレイアウトも含め、そのままのイメージをPDF/XPS形式で保存することができます。
 

printinsight-client
外出先での印刷にも対応
保存先のサーバーと接続が切れている場合は、クライアントPC内に印刷イメージログを一時的に保管します。
サーバーとの接続が回復すると、クライアントPC内に一時保管した印刷イメージログを順次サーバーへ送信します。

 
高い互換性容易な導入
  • マルチベンダー対応
    印刷を行うアプリケーションの種類、出力を行うプリンターのメーカーや機種は問いません。
  • 既存の環境にそのまま導入
    また、導入に関してもソフトウェアの配信のみで作業が完了するので、システムの導入に伴って発生しがちなネットワーク環境の変更や実務オペレーションの変更など、面倒な作業が発生しません。
 

PrintInsightサーバー

アラートメール機能で機密性の高い印刷物をリアルタイム監視
印刷されたことを常に把握しておきたい印刷文書に関しては、アラートメール機能を利用して、条件設定しておくことで、指定のアドレスに印刷された旨のメールが送信されます。そのため、怪しい動きはリアルタイムに把握でき、未然に情報漏えいを抑止する動きにつなげることができます。

 

PrintInsightサーバーイメージ
 
文書検索機能で目的の印刷文書を瞬時に特定
『ある人の印刷状況に怪しい兆候があるので、過去にさかのぼって確認したい』、『情報漏えいが起きてしまったので、その印刷文書は誰が印刷したかを確認したい』など、特定のユーザーや印刷文書に絞って状況を把握したい場合には、文書検索機能で確認することが可能です。文書検索機能では、PrintInsightクライアントで取得した印刷文書内の全テキスト情報と照合し、漏れなく確実に該当ファイルの印刷状況を抽出することができます。

文書検索機能
 
機密性と柔軟性をもった運用・管理機能
  • 役割に応じた3種類のアカウント
    システムアカウントと検索アカウントは別に設けることにより、システム管理者が私的興味等で印刷イメージログを検索する事故を防げるようにしています。
 
  • インストールや利用状況を確認できる接続クライアントモニター
    PrintInsightを利用しているクライアントPC情報は接続クライアントモニターで確認することができます。勝手にアンインストールしているPCを検出したり、各PCが有効なライセンスやバージョンになっているかを確認できるので、管理不足により必要なPCの印刷イメージログが取得できていないという状況をつくりません。
 
  • ストレージ容量を状況に応じて柔軟に拡張できる高可用性
    運用を停止することなく、いつでもサーバーの増設が可能なので、印刷イメージログの保存に必要なストレージ容量を状況に応じて柔軟に拡張できます。また、サーバーの増設によりシステムの負荷を分散し、データ処理能力を向上させることが可能となります。
 

動作環境

  • PrintInsightクライアント

OS: Windows 7 (32ビット/64ビット),Windows 8.1 (32ビット/64ビット※)
Windows 10 (32ビット※/64ビット※)
※パソコンのUEFI設定でセキュアブートをOFFに設定する必要があります
プロセッサー: 2コア以上のCPU
メモリー: 2GB 以上
ハードディスク空き容量: 30MB 以上
対応プリンター:Windows用複合機、レーザープリンター、インクジェットプリンター

●全ての機種の動作を保証するものではありません
●Bluetoothで接続したプリンターには対応していません
●プロッター、大版プリンターなど特殊なプリンターを除く


  • PrintInsightサーバー (予告無く変更する場合があります)

OS: Windows Server 2008 R2,Windows Server 2012 R2
プロセッサー: 4コア以上のCPU (8 コア以上を推奨)
メモリー: 16GB 以上 (32GB以上を推奨)
ハードディスク空き容量: 印刷イメージログの保存容量に依存
推奨ブラウザー: Microsoft Internet Explorer 11以降

 

価格

  • PrintInsightクライアント

標準価格
1ライセンス:  7,900円
保守サポート(1年間):  1,580円


  • PrintInsightサーバー

標準価格
1ライセンス : 398,000円
保守サポート(1年間):  79,600円


■サポートに関する考え方

※保守サポート契約は購入初年度より必須となり、1年ごとの更新です。
※保守サポートの契約更新を行わず、契約終了日から2ヶ月以上が経過した後に 保守サポートの再開を希望される場合は、契約終了日を起点とした遡及料金をお支払頂けない限り、PrintInsight保守サポートの提供を行う事が出来ません。
また、保守サポートの再加入は、契約終了日より3年以内までとなります。


■価格に関する注記事項

※価格表記に消費税は含まれておりません。
※価格は1ライセンスごとの価格となります。
※その他にご不明点、お見積り等に関してはお問い合せください。

 
製品に関するお問い合わせ、評価版のお申し込み

InterSafe ILP

ilp

情報漏洩対策に必要な機能をオールインワンで!

InterSafe ILPは、「重要情報を保護」「外部デバイスへ不正に持出しさせない」「持出し後のファイルを安全に活用する」「送信データの情報漏洩を防止」がオールインワンで可能な情報漏洩防止対策製品群です。

ilptop

デバイス制御  InterSafe DeviceControl

InterSafe DeviceControlは、端末(PC)からのスマートフォンやタブレット、USBメモリなどの外部デバイスの利用管理に加えて、ネットワーク利用制限や、プリンタ利用制御、さらには外部メディアへの書込み制御など詳細なコントロールが行えます。PCから各種デバイス(USB等)へのデータ持ち出しを綿密に管理し禁止することで、個人情報漏洩を防止し、組織レベルでのPCセキュリティ対策を実現します。

 

ファイルの自動暗号化 InterSafe IRM

InterSafe IRMは、ファイルを自動で暗号化するソフトウェアです。ユーザがファイルを閲覧した時、保存時に自動的にファイルが暗号化され、特別な操作は必要ありません。暗号化したファイルは拡張子もそのままです。また、意図的に復号化(平文に戻す/暗号化を解除する)しない限りは常に暗号化が保たれるため、暗号化のかけ忘れによる情報漏洩などの心配はありません。もちろん、複合化はあらかじめ権限が与えられたユーザのみ可能なため、煩雑なパスワード管理も不要です。

 

Webで持ち出し申請・承認処理 InterSafe WorkFlow

InterSafe DeviceControlにより、外部デバイスへの書き込みが規制されている場合でも、書き出し申請・承認をウェブ上で行うことができます。申請・承認などの一連の流れをウェブで効率的に行うことができるようになるため、円滑な運用を促進することができます。

 

書き出し後のデータセキュリティ InterSafe SecureDevice

InterSafe SecureDeviceは、汎用USBメモリをセキュリティUSBメモリに変換するソフトウェアです。 USBメモリからセキュリティを強固することにより情報漏洩を防止いたします。 接続先PCが登録されたものかどうかをチェックしているため、セキュリティUSBメモリを登録されていないPCへ接続した際にはPCへのデータコピー、移動が制御され、 自宅持ち帰り後の情報漏洩等を防止いたします。 また、USBメモリのセキュリティ対策に伴い、パスワード認証によるロック機能とメモリ領域の暗号化により、盗難・紛失時にも対応可能。
ソフトウェアによるご提供ですので、汎用USBメモリをそのまま使用することができます。

 

セキュアPDFでスマホ、タブレットにも InterSafe SecurePDF

InterSafe SecurePDF(セキュアPDF)は、Word、Excel等のファイルから有効期限や印刷制限などを付与したセキュリティPDFを作成します。
InterSafe IRM利用時には、既存の暗号化ファイルを直接セキュアPDF化できます。

InterSafe ILPの製品詳細はこちらです

InterSafe WebFilter

intersafe-logo

InterSafe WebFilterとは

8年連続マーケットシェアNo.1の「InterSafe WebFilter」は、URLデータベースに基づいてクライアントPCのWebアクセスをコントロールするゲートウェイ型の法人向け国産Webフィルタリングソフトです。

携帯キャリア採用率100%の高精度データベースに基づくフィルタリングで、過剰な規制や規制漏れのない正確なフィルタリングが可能です。

不正サイトへのアクセスや書き込みを防止し、情報漏洩・ウイルス感染防止や私的利用防止による業務効率向上を実現します。またアクセスログの保管・活用により内部統制も支援します。


機能のご紹介

  • 最新のサイバー攻撃対策

国内初、2種類のフィルタ機能で入口・出口対策を実現

標的型サイバー攻撃の手法として最も利用されるDBD(ドライブ・バイ・ダウンロード)サイトへのアクセスを遮断し、マルウェア感染を未然に防止する「入口対策」、万一PCがマルウェアに感染した場合でも、C&Cサーバとの通信経路を遮断することで悪意ある情報搾取を防御する「出口対策」、両面からの防御で、巧妙化する最新のサイバー攻撃に対応します。

標準搭載のアンチウイルス連携機能で入口対策をより強固に

ウイルススキャン製品と連携することで、Web経由のウイルス侵入を未然に防止。脅威サイトへのアクセスを遮断するフィルタリングと併用することで入口対策をより強固なものにします。また、ウイルススキャン結果とアクセスログの一元管理が可能となり、運用負担を軽減します。


  • 最高の網羅率

一般的な企業におけるWebアクセスの98%***をカバーし、カテゴリ数は約2倍の147に拡充。精度を極めたデータベースで正確かつ柔軟なアクセスマネージメントが可能になります。


  • 最速のパフォーマンス

国内他社比5倍、従来比3倍の処理性能を実現する新型フィルタリングエンジン「x10(エックステン)」を採用し、10,000クライアントをサーバー1台で運用可能なハイパフォーマンスを実現。ハードウェアコストも削減し、大規模環境やクラウドサービスにも最適なソリューションになります。


  •  情報漏洩対策と業務効率向上を実現、柔軟なアクセス制御

Webアクセスを規制するだけでなく、特定のWebサイト、サービスやユーザ・グループに応じて柔軟なアクセス制御が可能。業務でのWeb活用とセキュリティを両立させる多彩な機能を備えています。


  • Webアクセスを可視化、自在にログ分析

無償バンドルのログ分析ソフト「InterSafe LogDirector」、「LogLyzer」でWebアクセスを高精度に可視化します。


  •  最新のWeb環境に対応

Google ChromeやSafariなどの幅広いブラウザ対応やIPv6など、最新のWeb環境に対応しています。

 InterSafe WebFilter製品情報はこちらです

 

InterSafe CATS

intersafecats-logo
 

InterSafe CATS とは

業界初のサーバー不要、クラウド型Webフィルタリングサービス

InterSafe CATSは業界初のサーバー不要、クラウド型Webフィルタリング(URLフィルタリング)サービスです。
一般的なWebフィルタリングソフトと異なり、ポリシー設定からアクセス規制、ログ管理にいたるまでクラウド上のサーバーで行なうため、大がかりな設備投資が不要で導入も容易です。設定・管理はブラウザで行うことができ、操作も簡単。
またクライアント端末は、社内ネットワークに接続していない持ち出し端末も一元管理することが可能です。
いつでもどこでも、確実に有害サイトへのアクセスを 制限・ブロック。クラウドならではの利便性と最新のセキュリティで、組織における情報漏洩を強固に防止します。

InterSafe CATS 製品情報はこちらです

ビジネススマートセキュリティ

bss-logo
 

ビジネススマートセキュリティ

『ビジネススマートセキュリティ』はiOSに必要なセキュリティをクラウドで統合的に提供するサービスです。
コンプライアンスもセキュリティも多重防御設計だから安心です。

※Android版もございます。

コンセプト

『ビジネススマートセキュリティ』は、すべてのスマートデバイスを監視下に置き、MDM、MAM、MCMという3つの視点から様々な機能をオールインワンで提供します。

 

ご利用のメリットは?

  • メリット1
    管理者は、多数の端末を一括管理できます。また組織特性に合わせて、グループ別の設定/管理も簡単に行えます。
  • メリット2
    当サービスは「クラウド型」。つまり、ハードの維持費もハードを維持するための人件費も不要です。しかも、すぐにでも導入できます。それがクラウドサービスのメリットです。
  • メリット3
    たとえ不許可のアプリケーションをユーザがインストールしたとしても、『ビジネススマートセキュリティ』なら、そのアプリケーションを使ってネットと交信することはできません。
  • メリット4
    管理者は、デバイスに搭載されているカメラやゲーム、音楽、バックアップなどの標準機能の利用制限を一括設定できます。
  • メリット5
    1つのリスクに対して、1つの対策で十分と言えるでしょうか? 『ビジネススマートセキュリティ』の特長は、様々な段階で防衛策を講じている点。それによって、セキュリティを大幅に向上させています。
 

ビジネススマートセキュリティ製品情報はこちらです

SmartFilter

SmartFilterの販売及びサポートは終了いたしました。

SMART FILTER(スマートフィルター) は、業務や授業中の不要なWEBサイトへのアクセスや、情報漏洩を未然に防ぐためにWEBメール等の利用を制限することができるサーバー型 URLフィルタリングソフトです。

日本を始め世界で URLフィルタリングソフトのデファクト・スタンダードの製品として一般企業から教育機関、官公庁など、延べ2,000サイト以上での導入実績に基づいた信頼があります。

※2005年にSC Magazine誌でBest Content Filtering Solutionを受賞

 SmartFilter製品情報サイトはこちらです

 

 

 

Kaspersky

Kaspersky Lab: Antivirus Software and Free Online Virus Scan

 

Kaspersky Open Space Security(統合型セキュリティ製品)

Kaspersky Open Space Security はワークステーション ・ ファイルサーバ ・ メールサーバ ・ ゲートウェイを含む、あらゆるタイプおよび規模のネットワークを保護する目的でデザインされた統合型のセキュリティパッケージ製品です。

Targeted Security (エンドポイント型セキュリティ製品)

ネットワーク上の特定ポイントを保護する製品です。これらの製品はスタンドアロン型であるため、他のカスペルスキー法人向けソリューションへ簡単に統合できます。